新潟発 伝説のサービスを目指す旅行社|トラベルマスターズ

全コース社員添乗員が同行お問い合わせ・お申し込み:0120-49-4155

24時間オンライン受付

パンフレット請求催行情報一覧

伝説の添乗員と行くおすすめツアー

トラマス社長の独り言トラ子のつぶやき日記マス男の山旅つぶやき日記

あいさつ

~地元の大切な皆様へ~  H26.9.9
日頃は大変お世話になっております。
さて、来る10月4日でトラベルマスターズも19回目の誕生日を迎えることとなりました。思えば周り近所にトラベルマスターズという会社の存在を少しは知らしめたい・・!新潟県にこんな会社があるんだと声を大にして叫びたい!そんな思いから始まった日帰りのバス旅でした。形こそ変われ、今回でとうとう第99弾!そして創業20年目に突入し、11月にはいよいよ第100弾を発行することとなります。
16年前、第1号を新聞折り込みし、次の第2弾を勇んで作ってみたものの・・それを折り込むお金が無いことに気づき、わずかばかりのお客様名簿を頼りにDMを送ったあのころ・・。昨日のことのように蘇ります。
あの頃、ひたすら旅創りに打ち込んでいた私にこんな言葉を贈ってくれた方がいました。「良いサービスとはね、提供者とお客様とで創りだすハーモニーなんだよ・・」
当時の私には強烈に印象に残る言葉・・その言葉をプレゼントしてくれた方のお世話でその後私は単身アメリカに渡り、“伝説のサービス”を展開している「ノードストローム」というデパートを目の当たりにすることとなりました。さらに日本よりも30年先を行くといわれたエクセレントな企業をいくつも見学。経営者の言葉や従業員さんたちの一挙手一投足を目に焼き付け、日本に帰国しました。そしてすぐに創り上げたものが「伝説の旅行社にしよう」という社是でした。
今、その頃のノートを開くと忘れかけていたいろんな言葉に出会えます。「恥ずかしいことはクレームをもらうことよりそこから学ばないこと・・」「全てのビジネスは顧客を守る、ただそのためだけに存在する」「成功の秘訣は製品やサービスそのものではなく、それを生み出す人々にこそ宿っている」など、心に残った言葉が沢山つづられています。そしてその最後にこんな言葉が書かれていました。
「優れたスタッフこそ最高のサービス!フィールドに最高のプレーヤーを配置して、彼らが最高のプレーをすれば必ず勝利はやってくる」
今、トラベルマスターズでは4名の女子添乗員と3名の男子添乗員がいます。いつの間にか私より高い評価をいただく添乗員もいて、そろそろ私の出番も無くなるのかな・・と思ってしまう時もあります。そんな私が今一番しなくてはならない仕事、それはトラマス史上最高のプレーヤーを次から次へと生み出していくことだと思います。創業20年を目の前に改めてそのことを胸に刻む今日この頃です。
さて、秋の旅が出来上がりました。全社員が総力をあげて創り上げた旅の数々。見ているだけで楽しくなるパンフレットです。この秋も大勢の皆様と一緒に旅ができることスタッフ一同心待ちに致しております。

代表取締役 鹿島純一

TwitterfacebookYou Tube
ページの先頭へ